読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリノ界隈

フリーライターカリノのブログです。

「君は石田ゆり子に似ている」と村人Aは言った

ライター

   

  f:id:karino217:20170123141129j:plain

こんにちは。

キャリアライター/キャリアエッセイストのカリノです。

改め、石田ゆり子に似ている」キャリアライター/キャリアエッセイストのカリノです。

 

あ!やめてやめて!

ディスプレイに石を投げないで!!

 

…すみません。

顔出ししているブログで、よくもまあ嘘八百を言えたもんだと自分でも思います。

思いますが、これには、深くもありませんがそれなりの理由があるのです。

どうぞ続きをお読みください。

 

「村人A」の一言が世界を救うこともある

kaishayameruzo.com

 

会社やめたろーさんが、ご自身のブログですごく素敵なことを言っていました。

「村人A」が 

なんかぁ〜井戸のところにピカピカ光る綺麗な石があったんすよねぇ〜www

みたいな、なにげない日常をブログにアップしたら、それを勇者が偶然見かけて「破邪の宝玉」を手にいれて魔王を倒す力を得る、みたいな感じです。

 

私はドラクエの世界で言えば間違いなく「村人A」ですが、ブログにアウトプットすることで、もしかしたら勇者の手助けになるかもしれない。そんな気持ちでブログを続けていこうと思います。

 

とっても上手な表現だと思いませんか?

こんな風に考えられると、勇者になれない自分のことにも誇りが持てる気がします。

 

私にとっての「村人A」の言葉

さらに私は図々しくも、勇者側として語ろうと思います。

 

20代の半ば、長くおつきあいしていた恋人にフラれた私は、彼氏のいない状態が不安で不安で仕方ありませんでした。

それで、好きかどうかもわからない男性と、言われるがままにおつき合いをはじめました。

穏やかで優しい人でしたが、どうしても「友達としての好き」以上の感情を抱けず、1カ月ほどでお別れをします。

それ以来会うこともなく、思い出すこともほとんどない相手です。

とても優しくていい人だった、という記憶はあるものの、正直、もう顔も名前も思い出すことができません

私が私の世界の勇者だとすれば、間違いなく彼は「村人A」なんです。

 

 

でも、顔も名前も思い出せないのに、この十数年、繰り返し思い出す彼の言葉があります。

 

それが「君は石田ゆり子に似ている」

 

どんな流れでこんなセリフが生まれたのか、それももう思い出せません。

でも、彼は、はっきり私にこう言ったんです。大真面目な声色で。

もちろん、私は、今も昔も、石田ゆり子になんて似ちゃいません

当時、この言葉を親友に報告したら、お腹を抱えて大笑いしたあげく、「彼、目ぇ悪いんじゃない?」と言われました。

いつも私を支え、肯定してくれる優しい親友ですが、この時だけは容赦ありませんでした。

そして私も、鏡を見なくても、親友の方が正しいことはよくわかっていました。

 

でも、どういうわけか、この言葉は私の中にずっと残ることになりました。

 

たとえば、夜通し泣いて浮腫んだ顔を鏡に映した朝。

社内報に写真が載って、同僚に「すっごく可愛く写ってたよ!写真うつりいいよね~!」と言われてウキウキしたのに、自分的にはありえないくらいブサイクに写っている写真を見た時。(すっごく可愛くてコレ…!

2ちゃんねるに「〇〇会社の採用担当AさんとBさんが超可愛かった」と私の名前だけ外された書き込みを発見した日。

 

主に容姿にまつわることですが、落ち込んだ時には必ず彼の言葉を思い出していました。

 

「私は石田ゆり子に似ている。いや、似ていないまでも、世界中の人間を石田ゆり子的なものと非石田ゆり子的なものの2つに分けた時、私は石田ゆり子側にいるんだ。」

 

こう思うことで、地に叩きつけられた気持ちも、ほんの少しだけでも宙に浮くことができたんです。

20代での落ち込みなんて、ほとんどが恋愛や容姿にまつわることでしたから、この言葉のおかげで私はなんとかやってこれたと言っていいかもしれません。

 

すでに誰かの「村人A」であること、これから「村人A」になれること

こんな風に、勇者として村人Aの言葉を思い出す私ですが、私が誰かにとっての「村人A」であった可能性も、もちろんあるわけです。

私のことなんてすっかり忘れている誰かにとっても、もしかしたら私の言葉だけは、彼らのどこかに刺さり、いまだに彼らを温めているのかもしれない

そう考えるとほんとに心から優しい気持ちになることができます。

 

そしてこれからも、こうして言葉を置き続ける限り、その可能性は広がっていきます。

その可能性を思うだけで、書き続ける勇気が湧いてくるのです。

キャリアライター/キャリアエッセイストのカリノです

ライター

こんにちは。

キャリアライター/キャリアエッセイストのカリノです。

キャリアを軸に、文章を書いています。

 

f:id:karino217:20170119163225j:plain

 

肩書きを更新します

これまでブログではただ「フリーライターです」と名乗ってきました。

(名乗りさえしていない時もありますね。)

ですが、ここに肩書きの更新を宣言

今後は「キャリアライター/キャリアエッセイスト」として書く仕事をしていきます。

 

キャリアライター/キャリアエッセイストとは?

キャリアライターってなに?キャリアエッセイストってどういうこと?

まだその定義は決まっていません。

私がこれからつくります。

 

Google先生に聞いてみましたが、今のところこの肩書きを名乗っている方はいないようです。

ということは、このフィールドは私が好きに耕せるということ!

耕せば耕すほど資産が増える!

墾田永年私財法!

 

定義なんてなくても、キャリアについて何か書く人なんだろうということは伝わりますよね?

これからも人事とキャリアカウンセラーと人生のキャリアを活かして、

経験したことも、経験していないという経験も全部活かして、

書く仕事をしていきたいと思います。

 

キャリアについて考えていきたい

このブログでもキャリアに絡めた文章を書いていこうと思います。

といっても、「働くこと」や「スキルアップ」みたいなことだけを書くわけではありません。

これまで通り、ふざけたことも、くだらないことも大いに書くつもりです。

 

日本語で「キャリア」というと、どうしても高い場所に続く階段を上り続けていくようなイメージがあります。

でも、「キャリア」というのは、もともと「轍」をあらわすラテン語

馬車が通ったあとに残る車輪の跡のことです。

別に上らなくたっていいし、ぐにゃぐにゃでもいいし、

立ち止まってみたって、何をしたって、

振り返った時にそこにあるもののことです。

別にキラキラしてなくたっていいんです。

仕事より恋を選ぶことも、趣味に生きることも、働かないことだってキャリアなんです。

自分の価値観を知り、それに合ったキャリアを選ぶこと。

キャリアの成功って、そういうことじゃないかなと考えています。

 

そんなことについて、キャリアライター/キャリアエッセイストとして文章を書きながら、考えを深めていけたらいいなあと思っています。

そして、その文章が、誰かにとってキャリアについて考えてみるきっかけになれたら嬉しいなと思うのです。

モテ視点から私の人生を振り返ってみよう〈後編〉

恋愛

f:id:karino217:20170114185151j:image

フリーライターのカリノです。

ブログでは自分で撮影した写真を載せています。

上の写真は今年の初詣に鹿島神宮で撮った鮎の串焼きです。

もうちょっといろいろ撮って、記事テーマに合った写真を載せたいなあ。

 

さて、モテ視点からの自分語り

後編は中学生時代からです。

 

過去の栄光にすがる中学時代

小学校高学年でモテ舞台を退場した私ですが、中学校に入学してからも変わらずモテないままでした。

たぶんね、あれは校則が悪いと思うんですよね。

時代なのか地域性なのか、やたら厳しい学校で、男子は丸刈り、女子はオンザマユゲの乙女刈りふかわりょうみたいな髪型です。

自分に似合うおしゃれも何もあったもんじゃない。

こうなったら、まず素材のいい子の勝ちです。

小1時代と同じように、告白されたり彼氏ができる友人に「へー」と興味なさげに相づちをうつ日々。

でも小1時代とちがうのは、かつての栄光が私を支えていたこと。

確かに今の私を好きだという人はいないかもしれない。でも、〇〇ちゃんを好きな△△くんの初恋の人は私。あの男の子もあの男の子もかつては私を好きだったんだ。

この謎の上から目線が、私の支えになっていました。

 

そして暗黒の高校時代

モテ視点から言うと、高校時代は私の底辺でした。

原因は私の高校選びにあります。

受験の時、私は3つの選択肢で迷っていました。

1.地元の進学校

2.ちょっと都会のトップ進学校

3.ちょっと都会の上の下高校

中学校でそこそこ成績がいい子は1に行くのがスタンダードでした。

でも、ちょっと都会からの転校生だった私は、そのまま田舎の学校に行くのに抵抗を感じたのです。

転校生だったのは何年も前のことなのに。

都会志向の母の誘導もありました。

そこで、通学時間がかかっても、ちょっと都会に越境することを選びます。

そして迷ったのが学校のレベルです。

頑張って合格できるレベルに行くか、余裕で行ける方を選ぶか。

私は余裕を選びます。

最終的には3の選択肢を選び、ちょっと都会の上の下高校に入学します。

この「苦労しない方を選ぶ」というのは、私の人生のいろんなところで発揮され後悔することになるのですが、今回はこのあたりのことは割愛したいと思います。

モテ視点だからね。

で、モテ視点的にはこの選択がめちゃくちゃ「苦労する方」になるんです。

 というのも、この高校、美男美女が多く男女交際率が高いことで有名だったんです。

「ここに入学して彼氏彼女ができなかったらヤバイ」という噂まで耳にしました。

ということは、私にも彼氏ができるはず!ってなんで思っちゃったんでしょうね。

入学して周りを見渡すと、確かにこれまでの世界より可愛い子やかっこいい人が多かったです。

そしてカップルも次々にできていきました。

でも、それはその高校に入ったからじゃありません。

どこに行っても彼氏彼女ができる人たちが、たくさん集まってただけなんです。

私のような平凡な高校生にとっては、そこは可愛い子の多い勝ち目のない戦場でしかありませんでした。

しかも私には田舎からやって来たというハンデを背負っていました。

小学生の転校生時代とは逆パターンです。

田舎の素朴さがウケて大モテ、なんて昭和の少女漫画でしか起こりません。

実際の田舎JKの戦歴は、2人に告白して2人にフラれる。

もちろん告白されることはなし、という負け戦でしかありませんでした。

そんな日々は私から自信を奪い、いつしか戦うことを放棄。

スケジュール帳で好きな人と目が合った日付にハートマークをつけるだけ、という可哀そうな日常を送ります。

 

第2のモテ期?でも…

さてさて、やっと大学時代。

と、ここで気がつくのですが、モテについて書くということは、大学時代のあれやこれやも書くということ?

え…イヤだ…

あー、なんでこんなこと始めちゃったんだろ。

恋愛話って大人に近づくにつれて生々しくなるじゃないですか。

書く方も読む方も笑えない感じになってきますよね。

ということで、これまで無意味なほど情報量豊かに情緒的に書いてきたモテ遍歴ですが、ここからは簡単に箇条書きでいきたいと思います。

 

・大学1年春    入部してもいないマイナー同好会に頻繁に顔を出す

・同年夏    数人の男性部員に思わせぶりな態度をとったためか、同好会がもめて潰れる

・同年夏    別の弱小音楽系クラブに入部

・同年秋    1つ上の先輩とつき合う

・大学2年冬   部内公認カップルを破局させ、部長とつき合いはじめる。元カレとは別れる

・大学3年春   いづらくなって退部

 

ハイ。悪行の数々、反省してます。

数年後、略奪した部長から婚約破棄されてバチは当たってるので許してください。

 

というわけで、複数の異性から好意を持たれることを「モテる」というなら、大学生の私はモテ期にありました。

「モテ」という語感の明るくポップな感じとはほど遠いんですけどね。

そしてモテた理由ですが、これも簡単、同好会も音楽クラブも女性が少なく、地味めで異性には消極的な人が集まっていたからです

私が急に魅力的になったからではありません。

そして、私はこの時のモテを全然活かすことができませんでした。

自信も輝きも、取り戻すことはできなかったんです。

 

モテというのは相対的なものである

ここまで書いてきてハッキリしたことは「モテ」というものが環境に大きく左右されるということ。

私の場合、それが全てと言ってもいいかもしれません。

私の価値が絶対的に高まった結果ではなく、周りとの比較で、相対的にモテただけ。

 

あれ?なんか書いてたら、すごく凹んできた。

ヒトミさんと同じ結論なのに、面白くないのはなんでだろう??

 

とにかく、そんなモテでも、うまく波に乗れれば、私の小学生時代のように、自信が湧いてきてますますモテるようになったりします。

でも大学時代はそんな風にできませんでした。

たぶん、「このモテの再来を逃すまい!」と必死になっちゃったんだろうな。

それから別に自分自身の魅力のおかげでモテてるとも思えなかったし。

モテてる最中も、全然余裕なんてなくて、自信も湧かなかったし、むしろ卑屈で疲れていました

 

「モテ」からの解放

 突然話が飛びますが、結婚っていいですよね。

私は結婚してから、「この人は異性としてアリかナシか」という目線で男の人を見ることがなくなったし、「私はこの人にとってアリかナシか」を気にすることもなくなりました。

物心ついたころから恋愛体質だった私なのに、恋愛には向いていなかったようで、モテるかどうかということから解放されてすごく楽になりました。

本当の意味での男友達もできたし、男性に対する妙な憧れや恐怖心や敵愾心もなくなりました。

若い頃は「結婚は恋愛の墓場」だと思っていたんですが、本当に結婚してよかった。

いろんな意味で幸せです。

今日も、キラキラと魅力的だけどひどく消耗するあの土俵から、私を引きずり降ろしてくれた夫のために、ごはんをつくりたいと思います。

 

書いてていたたまれなくなった記事なので、せめて最後はいい話風に終わらせてみました。

モテ視点から私の人生を振り返ってみよう〈前編〉

恋愛

f:id:karino217:20170112180057j:image

ヒトミさんがブログで「モテ」について語っていてすごく面白かったです。

オタサーの姫の例もあるように、モテたかったら自分磨きなんかより環境を変えるのが一番なのかもしれませんね。

考えてみれば、私自身の「モテ」も環境に大きく左右されてきました。

hitomicubana.hateblo.jp

 

便上して「モテ」について考えながら、自分の歴史をモテ視点で振り返りたいと思います。

 

全くモテなかった小学1年生時代

初めて「モテ」というものの存在を感じたのが小学1年生の時でした。

仲良しのリョーコちゃんと私とでは同じことをしても男の子からの反応がちがうのに気がついたのです。

クラスのリーダーだったシンヤくんは、私が消しゴムを落としても黙って拾ってくれるだけなのに、リョーコちゃんが落とした時にはそれを自分の着ている体操服の中に放り込みました。

そして「ほしかったら取ってみろー」と言うのです。

他の男の子もシンヤくんと同じようにリョーコちゃんに接していました。

セクハラ部長も真っ青な行動ですが、私は正直うらやましかったんです

実際にリョーコちゃんが「男子ってホントにサイテー!」と言いながら彼らの服に手を入れると、みんな恥ずかしそうに嬉しそうにニヤニヤしていました。

それは私に向ける無表情とは全く違っていたんです。

クラスでスカートめくりが流行った時、追いかけてくる男子から女子みんなが逃げ回ってたけど、振り返って誰も私を追っていなかった時の虚無感は、今でも忘れられません。

 

転校が全てを変えた!

書いていて哀しくなってきた小1時代の後、世界が変わります

小2の進級のタイミングで転校した私は、突然注目を浴びることになったんです。

転校初日、大勢のクラスメートに囲まれた私は耳を疑う言葉を向けられます。

「今度の転校生はかわいいっぺよ!」

私の前に残念な転校生がいたのかどうかは記憶にありませんが、私は都会から来た転校生というマジックのおかげで、一夜にしてかわいい子認定をされてしまったのです。

翌日には他のクラスの子たちも私を見に訪れ、1週間後には「〇〇くんと〇〇くんがカリノちゃんを好きらしい」という噂まで出回る始末。

間違いない、ここが私のモテる国!

でも、転校前と後とで、私は何も変わっていないんです。

転校したばかりの頃は相変わらず内気で、もちろん目は小さく鼻も低いままで、私よりかわいい子はいっぱいいました。

ていうか、私よりかわいい子の方がいっぱいいました。

でも、小学校5年生くらいまでずっと、クラスで1番モテていたのは私でした。

転校当初は内気で恥ずかしがり屋な子でしたが、やがて「モテる」という自信が私を変えました。

圧倒的なホーム感により、何をするにも余裕を持つことができて、私は誰にでも優しくすることができました。

みんなが私に期待しているという意識によって、私は勉強も運動もがんばり、目立つ存在になりました。

その結果、クラスの7割ほどの男子が私を好きだという事態に。

何人もの男子がそう報告してくれたので、たぶん間違いありません。

「モテ」が「モテ」を生むんですね。

ただし、高学年くらいになると、みんなしっかりした美意識が芽生え始めるのか、私ではなく本当に顔立ちのかわいい子がモテはじめました

私はクラスでまあまあの人気者くらいの立ち位置になり、モテの舞台からは静かに退場することになったのです。

 

小学生時代は、確実に私の1番のモテ期でした。

早すぎたモテ期です。

このことが私の人生に大きく影響することになろうとは、あの時は思いもしなかった…!

 

 

思いがけず長くなりそうで、初めての〈前後編〉にしたいと思います。

後編は、

・中高時代にモテる人が本当の意味で異性への魅力にあふれる人なのでは

サークルクラッシャーとなった大学時代

・モテるべき時にモテず、モテなくていいところでモテるのはなぜ?

・モテからの解放

の4本立てです!また見てね!

なぜ彼らはフリーランスにならなければいけなかったのか?

ライター

f:id:karino217:20170107072934j:image

この1月から専業のフリーライターになった。多少のブランクはあるが、大学を卒業して15年以上、ずっと組織の中で働いてきた。私にとって初めてのフリーランス生活だ。

 

夏にライターの仕事を始めて以来、twitterやブログで他のライターの方の様子を見てきた。ライターには、先日までの私のように企業に勤めながら副業としてライターをしている人と、これからの私のように専業ライターとして働く人がいる。専業ライターの人もほとんどが以前は企業に勤めていた経歴があるようだ。

 

私は彼らを知り始めた頃から不思議だった。なぜ彼らはフリーランスとしての道を選んだのだろうと。彼らのうちの何人かはブログでフリーランスライターとなった経緯を語っている。正確な調査をしたわけではないのだけれど「昔からフリーランスになりたかった」という人は少ない。そうではなく、「会社員生活にうんざりして」フリーランスの道を選んだ人がとても多いように感じる。

 

私は人事畑の人間だ。採用や人材教育、人事評価制度に携わってきた時間が長い。新人フォローを受け持つキャリアカウンセラーとして働いていたこともある。だから、ついライターの彼らのことも「人材」として見てしまう。

 

彼らは人材としてとても優秀だ。もちろん実際の仕事の様子を見ているわけじゃないけれど、twitterやブログでの発言を見るだけで、彼らが真摯に仕事に向き合っている様子がわかる。自分の強みを探し、それぞれにベストなやり方をトライ&エラーを繰り返しながら模索している。時には人の意見を聞いたり、どうしたらいいのかと悩んだりしながら、仕事を投げ出すことなくライターであり続けている。そしてちゃんと結果を求めている。こんな彼らが有能でないわけがない。

 

私が採用担当者だったら、間違いなく採用している。上司だったら、彼らを信頼し、仕事を任せ、どうすればより成長してもらえるか、真剣に考えるだろう。人事部員であれば、どうしたら彼らが満足して働ける環境をつくれるか、彼らを社外に流出させないためにどうすればいいか、ワクワクしながらアタマを悩ませるはずだ。

 

でも彼らは会社を辞めてしまった。フリーランスになりたいからではなく、会社を辞めたいから辞めてしまった。なぜ、と思う。彼らならばきっと組織の中でも能力が発揮できていたはずだ。できていたのに辞めてしまったのなら、きちんとした評価ができていなかったのか、気持ちよく働ける環境や人間関係を提供できなかったのだろう。能力を発揮させることができていなかったのなら、発揮してもらえる場所や仕事や気持ちを提供することができなかったのだろう。どちらにしても企業側の怠慢のように思える。

 

もちろん、企業が社員に必要以上に譲歩する必要はない。どんなに素晴らしい場を提供できても、そこからこぼれてしまう社員は必ずいる。そこは切り捨てても仕方ないし、切り捨てるべきだとさえ思う。

 

でも私が知るフリーランスの彼らはそういう対象になる人材じゃない。それとも組織に向く人間とフリーランスに向く人間は根本的に異なるのか?フリーランスで活躍している人も組織の中では腑抜けになってしまうことがあるのか?強過ぎる自我や個性やポリシーが組織の中では邪魔になるのか?個人的にはそれほどに強い何かがあったらフリーランスとしても働くのは難しいのではないかと思うのだけど。そういう人は芸術家にでもなるしかないんじゃないかな。

 

考えれば考えるほど、なんだか腹が立ってくる。

彼らを活かすことができなかった会社というものに。

彼らが会社や組織に対して呪詛の言葉を吐くのを見ると、歯噛みするほど悔しくなる。

能力のある人を輝かせることのできないシステムに。

きっと私も、そういう人を救えなかったり、生み出してしまったりしたんだろうなと、過去の自分に対しても。

 

書いても書いても悔しいのは、私がまだ、組織で働くことへの感傷に浸っているからかもしれない。

よりよい組織をつくりたいと思い続けてきた日々に、まだ未練があるからかもしれない。

こういう愛着こそが、組織を腐らせてきたのかもしれない。

私はフリーランスなんてガラじゃないのかもしれない。

 

でも、人はきっと1人じゃできないことをするために組織になったはずなのに。

もちろんフリーランスでも一時的にチームを組んで組織として働くことはできるだろう。

でもサッカー日本代表より鹿島アントラーズが強いように(言い切った! )、いつも一緒に仕事をしてるということは、お互いをよく知って同じ目的に向かって仕事をするということは、本来すごい強みになるはずなのに。

 

でもあんなに有能な人々が辞める道を選んでいるということは、多くの企業が、組織の強みより、組織の弱みを垂れ流しているということなんだろう。

 

なんだか本当に悔しい。

悔しくて仕方がない。

 

 

ほんとは「ここが悪いよ、日本企業」的な記事にするつもりだったのに、悔しさで筆が滑って感情的な話に終始してしまった。

自由に書けることの難しさを実感。