読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリノ界隈

フリーライターカリノのブログです。

占いが気にならなくなった

f:id:karino217:20170203133509j:image

 

自分の文章が何に影響を受けているだろうと考えてみた。

 

氷室冴子稲葉浩志夏目漱石村上春樹室生犀星宇多田ヒカル二階堂奥歯穂村弘川上弘美江國香織古川日出男、数えきれないほどの小説、漫画、歌、映画。

 

影響を受けたと言うのもおこがましいけれど、でも、どれも私をかたちづくっている要素であるのは間違いなくて、でも、もっと何かあるような気がして。

 

それで、よくよく考えてみた結果、文章というものに夢中になった一番古い記憶が「占い」だった。

 

それは父がくれた1冊の占いの本だった。星占いの本。

私は水瓶座で、そのページには「自由で創造的で独創的」と絵本にはない言葉が並んでいて、傍らには人の輪から外れて静かに笑う少女のイラストが描かれていた。

子どもだった私は、その言葉を繰り返し読み、その本を素直に信じて、自分という人間がそのようなものであるのだと思った。

あの本は、私の言葉や文章にというよりも、私そのものに深い影響を与えた。

そして、言葉や文章を生んでいるのは、私そのものだ。

 

そんな風に振り返ってみてたら、あれ?私、近頃占いを気にしなくなってる、って気がついた。

その星占いの本をはじめとして、幼いころからずっと占いが好きだった。

そこに並べられる言葉やイメージや未来に、いつも夢中になっていた。

でも、大人になった今、占いをちょっとでも気にかけるのは、年に1度きりだ。

 

なんでだろうと考えてみる。

たぶん、私は、先がわからないことに我慢ならなかった。

先が見えないことがとても恐ろしかった。

ずっとずっとそうだった。

だから、物語を読む時も、最初の1度目は早く終わりが知りたくて、走り抜けるように読んだ。

そして、結末がわかると、やっと安心してゆっくりと物語を味わうことができるのだ。

同じように、幼い頃の私の前には、ちっとも先の見えない長い長い道だけがあって、私はそのわからなさが不安で、あるいは楽しみで仕方なくて、何か少しでも手がかりがほしくて、それであんなに占いを読みふけることになったんだと思う。

 

20代の頃だって、そうだった。

私は一体どうやって死ぬんだろう。

そんなことばかり考えていた。

死にたいわけじゃなくて、ただ知りたかった。

最期さえわかれば、私は安心して、もっと上手に、誰よりも上手に生きることができるのになって、思っていた。

 

だけど、こうして40手前になってみると、私の人生は、もう長くて今までと同じくらいしかなくて、予測もつかないことも、もう起こらないだろうと考えている。

いや、予測もつかないことは間違いなく起きると予測しているので、もう、何が起きても、あんまり怖くないのだ。

ただ、家族だけが笑ってくれていれば、あとのいいことは全部おまけみたいなものだと感じているし、どんなにわるいことも私は乗り越えるしかないと知っている。

 

そう考えて、だから、私にもう占いは必要ないんだと腑に落ちた。