読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリノ界隈

フリーライターカリノのブログです。

サヨナラの伝え方を教えてください

f:id:karino217:20170313140057j:plain

3月、お別れの季節ですね。卒園、卒業、異動、転職と、日本中でさまざまな「サヨナラ」が交わされていることでしょう。私も、4月に娘が保育園を転園するので、お世話になった先生方や、娘の友達とのお別れを、切なく感じる今日この頃。そして、それとは別にもうひとつ、私にはサヨナラを伝えるべき相手がいるのです。

はじめるのは簡単、終わらせるのはむずかしい

サヨナラを伝える相手。それはクライアントさんです。

ライターの仕事を始めて半年あまり、これまではどんどんと新しい仕事を見つけ、手に入れる期間でした。新しい案件に応募して、断られて、また応募して。いざ仕事が始まっても方針が変わって企画がなくなったり、私の力量不足のためか突然音信不通になって仕事が途絶えたりして、また新しい仕事を探して。そういうことの繰り返しでした。新しい仕事を探すのは手間もかかるけど、でも、チャレンジを繰り返していくことは、楽しいことでした。

ですが、ここに来て仕事が順調に決まりだして、持っている仕事で手いっぱいになりつつあります。ありがたいことです。でも、こうなると、これまでの仕事を続けていると、新しいことをする時間がなくなります。魅力的な仕事があっても、手をあげることができません。最初は、仕事の効率を上げることで何とかしようと思ったのですが、限界があります。これは、よく言う「仕事を整理する」時期にあるんじゃないかと思うのです。

でも、「仕事を整理する」って言うけど、実際にそれってどういうことなのよ!ささっとググってみたのですが、「新規案件ゲット」や「単価交渉」についての記事はあっても、「案件の終わらせ方」について書かれたものは見当たりません。みんな、どんな風にサヨナラを告げているんだろう。

 

会社へのサヨナラはルールがあるからそんなに大変じゃない

これまで数回転職を繰り返してきましたので、企業というものへのサヨナラの仕方はしっかりと理解しています。就業規則や暗黙のルールなど、手順さえ追っていけばみんな同じようにサヨナラができるので(たまに、いきなりの出社拒否から音信不通、みたいな人もいますが)、あまり迷いはありません。新卒で入社したブラック企業はすんなりと退職させてくれそうになかったので、重役会議に押しかけて退職願を無理やり押し付けたりしましたが、それ以降は、きちんと手順を踏んで、まずは上司に相談し、きちんと引継ぎをし、送別会に出てお別れの言葉を述べて、そうして円満退社をしてきました。

でも、フリーランスにはそういうのはありませんよね。お世話になったクライアントさんに迷惑をかけることなく、お互いにさわやかにお別れをするにはどうしたらいいんでしょう。

 

出会えてよかったなと思えるサヨナラがしたい

たぶん、この悩みは、「この仕事に関しては終わりにしたいけど、もしまたいつか何かあったら、お願いされたいな」という下心があるからこそなのでしょう。会社を辞める時みたいに、「少々の迷惑はかかるかもしれないけど、まあ、辞めちゃうし」みたいな開き直りの気持ちになれないんです。できるだけ相手にいい印象を与えたい、でも、もう仕事はできない。それに、純粋に、お世話になった相手に「一緒に仕事ができてよかったなあ」と思ってもらいたい。

恋愛においても「サヨナラ」はつきものだけど、こっちも全く得意ではありませんでした。ひどいことして相手に恨まれたり、情にかられてズルズルとつきあい続けてしまったり。上手にサヨナラを言えたことってなかったなあ。

でも、ひとつだけ相手のおかげで素敵な思い出になったお別れがありました。「やっぱり元カレが忘れられない」とひどい理由でお別れを告げた私に、「じゃあ、今夜は思いっきり楽しんで、明日の朝に笑ってサヨナラをしよう」と言ってくれた人。後日友人に話したら、「別れるって言ってんのにイッパツやるんかい!」って突っ込まれたけど、私は嬉しかったんだよなあ。本当に思いっきり楽しんで、笑ってサヨナラして、本当にそれっきり。このサヨナラもあるから、彼とのおつきあいだけは、出会えてよかったと曇りなく思えます。

 

つまり、クライアントさんにも「今月まで精一杯いい仕事させていただくんで、ごきげんよう!」って伝えるのがベストなのかな。でも、ビジネスと恋愛はちがうしなあ。

 

サヨナラの伝え方、そっと教えてくれる方がいたら、嬉しいです。

 

ちなみに「思いっきり楽しんで」と言ってくれた彼は、「石田ゆり子に似ている」と言ってくれた人と同一人物です。よかったらこちらの記事もどうぞ。 

karinowaka.hatenablog.com